無料ブログはココログ
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 検索失敗 | トップページ | 手作りのお雛様  2 »

2009年2月25日 (水)

おくりびと

話題の映画「おくりびと」   滝田洋二郎監督 

見てまいりました。いい映画でした。

日の当たらない職業に光を当てるという試み、納棺師という職業を世に知らしめること。夫婦の支えあい。親子の愛。このようにいくつものテーマがそこここにバランスよく散りばめられていました。役者さんも皆はまり役で、笑を誘うユーモアとほろりとさせられる場面と、泣いたり笑ったり、どの場面も目をはずす事ができませんでした。

会場は満員で、年配のご夫婦も多く見うけられました。隣の席のおじちゃん、「ぐー」っという音がしたので、まさか眠っているのではと疑いましたが、あれはどうも涙を飲み込んだか、我慢したはずみで出た音のようでした。

別の会場では「終わった瞬間拍手が起きた」、とありましたが、佐賀県人およびちっごの人間は恥ずかしがり屋なので拍手は起きませんでした。でも、エンドロールが終わっても誰も席を立たなかったのが、この映画の評価かなと感じました。

何ヵ月後かにもうDVDが出るそうです。予約で一杯ですって。

もっくん、昔からいい男でしたが、ますます磨きがかかって、またまた好きになりました。

« 検索失敗 | トップページ | 手作りのお雛様  2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

授賞式に行く時、ジャケットの胸に日の丸のバッジしてたのが気に入ったぞ、もっくん。

彼は人間としてもすばらしい男みたいですね。

納棺はこのごろ行ったばかりなので、所作は想像できます。
実際葬儀屋さんで修行したそうで美しかったでしょ?

所作、美しかったです。もっくんより、山崎さんのがもっとすてきで・・・お茶の点前をみているようでした。白装束をピットのばす所なんか、絹ずれの音みたいなのを入れてあって・・・あの良さも外国の人に通じたのでしょうか。
自分の父や母のときはどうだったのかを思い出していたのですが、気がついたときにはもう棺におさまっていたように思います。自分はどうされたいか・・・これから考えていきます。

昨日の午前中、娘がお店まで布を買いにいきましたが、おひなさまシーズンだからかな、売り切れだったって。ザンネン!これから、広島息です。次女親子を送って行きます。

まずはここをお借りして
SEIKOさんお気をつけていってらっしゃ~い

メイちゃん初めての遠出ですね

ごめ~~ん

SEIKOさんへのコメントで
アップしちゃった(笑)

おくりびと
見たいな~
誰か付き合って~~~~~~

せいこさん、ごめんなさい。せっかく来て頂いたのにおやくにたてなくて・・・。次女さんにも謝ります。ブロードはないにしても、他の生地をお勧めできればよかったのに。悔やんでも仕様がない。ほんと、すみませんでした。

れいちゃん、映画は一人で見るもんです。(かささぎさんの受け売り)だから私も一人で行ってます。こちらのワーナーマイカルではレイトショーといって、夜9時からの上映があってます。東京でもあるんじゃない?これだとご主人と一緒に行けるのでは?

マンマミーアも見たいし、チェンジリングもみたいし・・・TVでながれるコマーシャルを見ているとどれも面白そうです。でもなかなか行けません。

レイトショーありますが
主人はおくりびとに関心ないようです

一人で行くのもいいね
水曜日はレディスデーなので考えるわね

マンマミーアは劇団四季のミュージカルみたいんだけど・・・

劇団四季のミュージカル。行きたいと思いながら、まだ行ったことがありません。博多座では今「ミスサイゴン」ですか?あれがあっています。
博多は遠いです。「ライオンキング」も見たことなし。ふうっ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おくりびと:

« 検索失敗 | トップページ | 手作りのお雛様  2 »